体幹トレーニング

【体幹トレーニング】カエルさん 倒立の導入はコレで間違いなし!

みなさま、こんばんは。ガッツ(@gatsuspo_plus)です。

本日も恒例シリーズの(勝手に言ってるだけ)どうぶつものまねについて書いていきます。動画とブログのアップに関しましては、少しずつしていきますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

今回は、〝カエルさん〟についてお話をしていきますのでお付き合いのほどお願いいたします。

改めてYouTube動画アップさせていただきます。

どうぶつものまねって何?

どうぶつものまねは、文字通りどうぶつのものまねをすることです。さまざまなどうぶつになりきることで、体幹と言われる肩関節や股関節を含む胸や背中、お腹などを鍛えることができる素晴らしい運動です。

※体幹とは、ガッツブログでは肩関節と股関節を含む胴体のこと。

カエルさんとは

おしりをつけずにしゃがんだところから両手を肩幅ほどに広げ前について、手をついたままでジャンプをします。ジャンプの際には、おしりを高く持ち上げます。手をつくたびに少しずつ前進する。基本的には前方向に進む。

改めてYouTube動画アップさせていただきます。

カエルさんは何が良いの?

  • 倒立の導入、基本になる!
  • 肩甲帯の強化につながる!

倒立の導入、基本になる!

子どもたちが倒立を練習するにあたり、あまり抵抗なくできるのが〝カエルさん〟です。ガッツ(@gatsuspo_plus)のこれまでの指導歴の中で、〝カエルさん〟を渋った子は一人もいません。なので、あーだこーだと説明するよりも〝カエルさん〟から入ると倒立についても説明しやすくなっていきます。

そして、どうぶつ関連で重心が宙を浮くというのは数少なく、それもまた倒立にうってつけポイントなのです。そして、〝カエルさん〟のおしりの位置が高くなればなるほど、重心位置を考えたり、腕や手でカラダを支えたり、自分のカラダを利用して逆さまでバランスをとることを学習できるのです。

肩甲帯の強化につながる!

前回お伝えした「肩甲帯って何ですか?」は

【体幹トレーニング】クモさん ハムストリングス・肩甲帯・二の腕  〝 肩甲帯の強化につながる!〟 をご参照ください。

今回は、これまでの小さいクマさんやクモさんとは、腕の形が異なり〝バンザイ〟の形で肩周りに負荷をかけていきます。そのため、小さいクマさんやクモさんとは違った新しい刺激を肩甲帯に入れることができます。

カエルさんとその他の運動のつながりは?

カエルさんは、マット運動でいうところの『倒立・飛び込み前転』で大活躍をしてくれます。また、とび箱でも手をつく動作やそこからジャンプをすること、おしりを高く持ち上げることなんかは、まさにとび箱そのものなので、とび箱の導入にも良いです!

前回同様に子どもたち、そして大人の方々にとっても肩周りに対して、さまざまな刺激を入れることは、とっても大切になります。1日10秒ずつでも是非やってみてください!!

今日もガッツブログを最後までお読みいただきましてありがとうございました。