体幹トレーニング

【体幹トレーニング】大きいクマさん 〜下半身の柔軟性を高めよう〜

みなさま、こんばんは。ガッツ(@gatsuspo_plus)であります!

本日も恒例シリーズどうぶつものまね、今回は〝大きいクマさん〟について書いていきますので、みなさまお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

改めてYouTube動画アップさせていただきます。

どうぶつものまねって何?

どうぶつものまねは、文字通りどうぶつのものまねをすることです。さまざまなどうぶつになりきることで、体幹と言われる肩関節や股関節を含む胸や背中、お腹などを鍛えることができる素晴らしい運動です。

※体幹とは、ガッツブログでは肩関節と股関節を含む胴体のこと。

大きいクマさんさんとは

小さいクマさんの膝を伸ばした状態のままで四肢を使って歩行します。また、足裏を床にくっつけておくということがポイントになる動きです。基本的には前方向に進みます。

改めてYouTube動画アップさせていただきます。

大きいクマさんは何が良いの?

  • 下半身後面のストレッチにつながる!
  • 肩甲帯の強化につながる!

下半身後面のストレッチにつながる!

大きいクマさんは、『おしり・太もも裏側・ふくらはぎ』という下半身後面のストレッチングいれたままでできる素晴らしい運動です。また、膝を伸ばしたままでの移動を意識することで、最大限のストレッチングを引き出すこともできる運動です。

特に男性は、カラダがかたくなりやすいので柔軟性を高めていくにはもってこいの運動です。(下半身後面がかたいせいで腰痛に悩む方も少なくありません。)

肩甲帯の強化につながる!

前回お伝えした「肩甲帯って何ですか?」は

【体幹トレーニング】クモさん ハムストリングス・肩甲帯・二の腕  〝 肩甲帯の強化につながる!〟 をご参照ください。

大きいクマさんは、万が一〝カエルさん〟での腕支持が困難な際に、似た動きでの肩甲骨周辺への刺激を入れることができます。

カエルさんについては、【体幹トレーニング】カエルさん 倒立の導入はコレで間違いなし! をご参照ください。

そのため、カエルさんはできないけれども〝小さいクマさんやクモさん〟ができる場合に、〝小さいクマさんやクモさん〟とは異なる肩甲骨周辺への刺激を入れることができます。

大きいクマさんとその他の運動のつながりは?

大きいクマさんは、特にマット運動との関わりが大きく、小さいクマさん同様にマット運動の基本とも言えます。

小さいクマさんとの大きな違いは、肩周辺にかかる負荷の大きさが違いますし、関与する筋肉も少し異なります。

前回同様に子どもたち、そして大人の方々にとっても肩周りに対して、さまざまな刺激を入れることは、とっても大切になります。小さいクマさん、クモさん、アザラシさん、大きいクマさんそれぞれ1日10秒ずつでも良いので是非やってみてください!!

本日もガッツブログを最後までお読みいただきましてありがとうございました。