体幹トレーニング

【体幹トレーニング】ワニさん 〜背中と股関節のために〜

こんばんは、ガッツ(@gatsuspo_plus)です。

今回は〝ワニさん〟についての運動を書いていきます。みなさま、軽く動くスペースを確保の上お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

改めてYouTube動画アップさせていただきます。

どうぶつものまねって何?

どうぶつものまねは、文字通りどうぶつのものまねをすることです。さまざまなどうぶつになりきることで、体幹と言われる肩関節や股関節を含む胸や背中、お腹などを鍛えることができる素晴らしい運動です。

※体幹とは、ガッツブログでは肩関節と股関節を含む胴体のこと。

ワニさんとは

うつ伏せの状態から四肢を使って進んでいく(いわゆるほふく前進)。基本的には前方向に進む。

改めてYouTube動画アップさせていただきます。

ワニさんは何が良いの?

  • 『這う』という基本的な動きを行う
  • 肩甲帯の強化につながる!
  • 股関節の強化につながる!

『這う』という基本的な動きを行うこと

這うというワニさんの運動は、アザラシさんの運動と同ジャンルであり、強度で言うと〈ワニさん < アザラシさん〉となります。そのワニさん、実は赤ん坊のころによく行っています。ヒトのカラダを形成していく上で、自然に行っていた基本的な動きををもう一度やることで、カラダの肩や股関節に刺激を入れていきます。

肩甲帯の強化につながる!

肘からの衝撃をダイレクトに肩に伝え、その肩周りを強化し、肩周辺に必要な機能を高めてくれます。また、腕をカラダ方向に引き寄せる運動となるため、背中への刺激も高めてくれます。それによって、背中全体の運動効果を高めてくれることにもつながっていきます。

股関節の強化につながる!

ワニさんという独特の運動により、股関節を開く(立位でいうところの膝を右か左に持ち上げる)という動きが入ります。大人になればなるほど股関節を外に開く運動はしませんし、膝を前に出す、上に持ち上げるくらいしかしないのでとても良い運動です。

特に、男の子たちは股関節がかたい傾向にあります(大人も)。そのため、多方向に動かせてあげることで、股関節の普段使わない筋肉たちを呼び起こして使い、しなやかな股関節作りに貢献してくれます。

ワニさんとその他の運動のつながりは?

かけっこの〝腕振り〟の基本につながったり、鉄棒のぶら下がりやけんすいにつながったりしていきます。這うだけのように見えますが、実は筋肉たちはたっくさん刺激を受けているのです。

小さいクマさん、クモさん、大きいクマさん、アザラシさん、ヒヨコさん、ワニさんそれぞれ1日10秒ずつでも良いので是非やってみてください!!

今回もガッツブログを最後までお読みいただきありがとうございました。