子どもの運動について

【超初級編】ボール遊びについて【手のドリブル①】

ども、みなさま、ガッツ@gatsuspo_plusです。

ドリブル導入のためのYouTube動画はコチラ

今回は、ガッツ@gatsuspo_plusの苦手な球技についてのお話です。自分で言うのもなんだけれど、小さいころ僕に出会ってたらそれなりにマシになってたんじゃないかな(笑)

でも、球技にかかわらずいきなりやってできる人なんて稀です。どれだけ継続的に行うかであったり自分のカラダのコントロール力であったり。努力は必要のなります。その努力についてお話をさせていただきますので今回もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

ドリブルについて

ドリブルっていうのは、ざっくり言うと【キャッチ&スロー(投げる&捕る)】です。手元に来たボールを正確にキャッチして(時間は限りなく短く)そのキャッチしたボールを押して(適切な力加減で)を繰り返します。

ところが、これを小さな子どもたちがやるとなると、結構難しいんです。でも、しっかり自分に足りないところや苦手なところを練習していくと幼児さんでもすごく上手になっていきます。

ドリブルと子どもについて

ドリブルについてのところでも述べましたが、ドリブルは正確にボールを捉えて、適切な力加減で押すことが大切です。ところが、小さな子どもたち(ざっくり1年生以下と言っておきます)にとって、その力加減ってところが発育発達上難しかったりします。

ヒトってのは、中枢から末端へとその機能が発達していく傾向にあり、子どもたちの発育発達によっては、手先を器用に扱うことがとっても難しい子もいれば器用に扱える子もいたりします。ここは出来たことはスゴいですが、出来なかったからダメとか不器用ってことではないです。それが仮に2年生や3年生、6年生であってもそうです。要は、ヒトそれぞれ違うのでこっちが求めていることを過剰に求めすぎず、待ってあげることが大事です。

キャッチの練習について

ここで紹介するのは、ボールがとてつもなく苦手小さい子どもたち(ざっくり1年生以下と言っておきます)に焦点を当ててお話を進めていきます。

ドリブルの難しさは、片手で、しかもボールを的確に捉えて、そのボールを適切な力加減で押すことです。いきなりここに持っていくのは、あまりにも無謀なのでやるべきは、両手からのキャッチです。

まず、両手でボールを持ちます。そのボールを放して(落として)両手でキャッチする。ここでのキャッチは、腕は使いません。両手です。

そして、ここで大切なのが〝高さ〟です。カラダを前に倒して腰を丸めて、低いところで行うことです。

  • ボールを放して捕るまでの時間が長いから〝タイミング〟が一気に難しくなる。
  • ボールを真下に落とせなくとも低いとその角度がそこまで大きく影響しない。

動画にてまたご報告させていただきます。

ドリブル導入のためのYouTube動画はコチラ

このキャッチ&スロー(というかリリースか)をしていくことでドリブルの感覚を覚えていくことに繋がっていきます。

まとめ

今回は、ボールがとてつもなく苦手、小さい子どもたち(ざっくり1年生以下と言っておきます)に焦点を当ててお話をさせていただきました。

なんだそんなことかって感じの内容かもしれませんが、導入としてはかなりオススメできます。我々のガツスポキッズスクールでもとっても苦手な子がかなり上達していきました。また、この続きの練習方について紹介していきたいと思っておりますのでお楽しみに!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村