子どもの運動について

【初めての側転】側転練習法を紹介します!【マット運動】

みなさま、こんばんは。ガッツ(@gatsuspo_plus)です。

今回は、マット運動の側転についてお話をしていきますのでお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

側転は、正面から入るパターンと真横から入るパターンとありますが、今回は真横から入るパターンを紹介していきます。

プロセス

初めての側転
  • 小さなクマさん(横移動)
  • クモ&クマ(小さいクマ) ※YouTube動画あり
  • おサルさん
  • おサルさん
  • おサルさん変形ver.    ※YouTube動画あり
  • おほしさま 横倒れ
  • 腹接倒立 横からver.   ※YouTube動画

小さなクマさん(横移動)

  • 横移動の感覚を覚えよう

【体幹トレーニング】ヒトのカラダを育てる、鍛える、痩せる、それがどうぶつものまね【ダイエット】小さなクマさんはコチラ

側転は、マット運動の中でも横向きになるという急な展開を迎えます。その横移動をいきなり側転で実践するには、とても難しいです。なので、地に手足がついた状態である小さいクマさんで、その横向きに移動するとうことをやって、横移動の感覚を覚えていきます。

※改めて動画アップいたします。

クモ&クマ(小さいクマ)

  • 横回転の感覚を覚えよう

側転は、マット運動の中でも横向きに、しかも回転するという急な展開を迎えます。その横向きに回転することを恐怖心なく安全に行うのが、クモ&クマです。この動きは、とてもシンプルで、クモのポーズからクマになるべく横に回転していきます。そしてクマになったら再び横に回転をしてクモに戻る、ということを繰り返していきます。横回転の感覚の導入として、とても良いです。

側転練習のYouTube動画はコチラ

おサルさん

  • 横方向に飛び跳ねよう

ヒヨコの少し股を開いたようなポーズから両手を遠く横方向につき、横方向にジャンプをして、その両手を優しく跳び越える(カエルの横ver.のようなイメージ)。基本的には横方向に進む。(いずれ動画とブログアップします。)

【体幹トレーニング】ヒトのカラダを育てる、鍛える、痩せる、それがどうぶつものまね【ダイエット】おサルさんを紹介してます。

※改めて動画アップいたします。

おサルさん変形ver.

  • 横方向に回転と捻転を入れて飛び跳ねよう

おサルさんの手のつき方に変化をつけ、回転と捻転を織り交ぜて、スキル的な要素を盛り込んだのがこの動きです。

おサルさんの手のつき方を上下逆さま+左右の手がクロス(要は、180度回転)にして飛び跳ねます。すると、カラダは、普段のおサルさんの向きにはならずに少し回転した形で着地します。

詳しくは側転練習のYouTube動画はコチラ

おほしさま

  • 側転のスタート練習

ここでは、回転はなく、側転に入るべく出だしの部分だけにフォーカスして行います。

足を広げ、両手を横に広ます。

この形のままで真横に倒れて、倒れた方の手で地面を捉える。

という真横に倒れるということだけを行い、側転の入りの練習を行います。

また、側転は順番というのが大事で、手を一つずつ地面を捉え、足に関しても一つずつ捉えていく(左手→右手→右足→左足の順で地面につく)ことで側転がうまくいきキレイに見えます。

腹接倒立 横からver.

  • 壁を使って側転をしよう

壁を使用して側転を行います。ここが最も側転に近く、パッと見ても側転らしい練習になっています。

壁に向かって、おほしさまで立ちます。

ここから手を順番に床につき、ピョンと跳んで壁に足をつけます(膝を伸ばすように心がけよう)。

そして、ここから足を一つずつ下ろし、着地します。

最後に壁に向かって最初のおほしさまでフィニッシュします。

詳しくは側転練習のYouTube動画はコチラ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村