姿勢の見方、調べ方

【姿勢改善】自分の姿勢の調べ方⑤【胸郭編】

 

みなさま、こんばんは、ガッツ@gatsuspo_plusです。

さて、今回は馴染みのない言葉【胸郭(きょうかく)】についてお話をしていきますのでお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

姿勢を調べる前にやるべきこと

姿勢を調べるためにはその場で足踏みを数回とジャンプを数回することです。姿勢を調べるためにカラダをリラックスさせ、ニュートラルな状態にすることが大切になりますので必ずやってくださいね。

カラダの側面から見よう

胸郭を側面から見るというのは、背骨を見ることになるので背骨の回をお楽しみに!

カラダの正面から見よう

  • 肋骨の一番の骨を見つけよう

胸郭という聞き慣れない言葉、まぁざっくりカンタンに言うと肋骨です。その歪みを見ましょうってことですね。

探すべき骨は、ズバリ肋骨の下の方の骨です。息を吸いながらお腹を凹ませていくと肋骨が浮き出てくるはず、、、出てこなくともなんとなくそのありかは分かるかなと思います。その一番したの部分(左右)を指で押さえます(優しく)。

押さえた指の高さに違いがあるかをまず見てみましょう。もし右側が高い場合は、その肋骨が右上がりですよ、左側が高い場合は、その肋骨が左上がりですよって感じでわかります。

そして、その押さえた指(優しく)を上から見たとき、右の方が出っ張っているなとか左の方が出っ張っているなとかってことを見てみます。右側が出っ張っているならこのカラダは捻れているなってことがわかります(逆も同様)。

また、骨盤のASISと見比べてみたときに、その真上に肋骨がいないとき、要は左右どちらかに明らかにずれて存在することがあります。そう言う場合には、肋骨たちが全体的に右にいるなとか左にいるなって話になってきます。

ここは、かなり分かりにくいことと難しいのでまた画像か動画にてお伝えします!

胸郭の左右の高さ

  • 押さえた指が低い方に(横向きに)カラダが倒れている
  • 水平ならバランスの取れた良いポジション

胸郭の左右の捻れ

  • 押さえて指の出方により時計回りもしくは反時計回りに捻れている。
  • 水平ならバランスの取れた良いポジション

胸郭の左右への移動

  • ASISをベースに胸郭が右側へ移動しているのか左側へ移動しているのか。
  • ASISをベースに胸郭が均等に存在しているならバランスの取れた良いポジション

カラダの後面から見よう

胸郭を後面から見るというのは、背骨を見ることになるので背骨の回をお楽しみに!

まとめ

胸郭の歪みというのは、ピンと来ないことのほうが多いかもしれませんが、胸郭の歪みは、くびれをなくす原因にもなるし、背骨の歪みにもつながっていくし、呼吸器系の問題、消化器系の問題にもつながっていく重要なポイントの一つです。

これを機に是非とも意識をして生活をしたりトレーニングをしたりして胸郭に思いやりを持ってあげてください。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村