姿勢の見方、調べ方

【姿勢改善】自分の姿勢の調べ方⑦ プラムライン編

みなさま、こんばんみ。ガッツ@gatsuspo_plusです。今日は、以前にアップしておりました姿勢改善について記事を書きましたので参考にしていただければと思います。雨よろしくお願いいたします。

今日は、プラムラインって言ってカラダを側面から見たときに、地面から垂直に線を引いて、カラダのどこの部位を通るのか、通ったから何なんだっていうお話をしていきますのでお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

姿勢を調べる前にやるべきこと

姿勢を調べるためにはその場で足踏みを数回とジャンプを数回することです。姿勢を調べるためにカラダをリラックスさせ、ニュートラルな状態にすることが大切になりますので必ずやってくださいね。

遂に到来!肉も魚も食べるダイエット/ライザップ

プラムラインが通ってほしいところ

  • くるぶし
  • 大転子
  • 肩峰
  • 耳たぶ

カラダを側面から見た際に、以上の点を通ることで「このヒトのプラムラインは、良いとされる姿勢の理想にある!」って話になります。

逆にいうと、それが前にズレているのか後ろにズレているのかでそのヒトの普段のクセや習慣が見えてきたり、トレーニングに必要なことが見えてきたりします。

各ポイントの細かい見方を以下に記しておきますので是非参考にしてください。

遂に到来!肉も魚も食べるダイエット/ライザップ

くるぶし

外くるぶしの頂上から足指方向に山を下ります。そのふもとの点がプラムラインで通ってほしいところ。

プラムラインより前にその点があるなら前傾傾向にあるし、後ろにあるなら後傾傾向にあるしってことで、かかとの上げ下げ運動が必要なのか、足の甲を持ち上げる運動が必要なのかってのがわかります。

横から見た膝を縦に3分割くらいします。2本入れた線のうち、膝のお皿に近いところの線がプラムラインで通ってほしいところ。

プラムラインより前に膝がいるなら、膝が曲がりすぎ傾向にあるし、後ろにあるなら膝が伸びすぎ傾向にあるしってことになります。

膝が曲がりすぎは、高齢の方々に多く、後ろ重心になりやすくなってしまい腰を痛める原因になったりします。

膝が伸びすぎは、女性に多く、膝そのものを痛める原因になったり、変形の原因になったりします。

大転子

おしりの側面の下あたり(太ももの付け根外側)にある大きな骨がプラムラインの通ってほしいところ。正面から見て下半身の一番太いところ。

プラムラインより前に大転子があるなら、腰に負担がかかりやすい体型だろうし、後ろあっても腰に負担がかかりやすい体型と言えるし、お尻が垂れやすい傾向にもあるかもしれません。

肩峰

肩の一番外側にある骨で、腕の外側の頂上にあたるあたりがプラムラインの通ってほしいところ。

プラムラインより前に肩峰があるということは、猫背傾向にあるだろうと予測を立てることができ、肩峰が後ろにあるということは、胸を張りすぎて背中や腰に問題を抱えているかもしれないという予測を立てることができます。

耳たぶ

耳たぶは、ご存知の耳たぶです。

プラムラインよりも前に耳たぶがあるなら、頭が前に飛び出ていて猫背気味で肩こりがひどいだろうなって予測ができたり、後ろにある場合は肩や首にストレスを抱えやすく(緊張が強い)首こりや肩こりがひどいだろうなって予測を立てられたり、頭痛があるだろうなって予測を立てることができます。

まとめ

プラムラインがどこを通っているかを把握することで、自分の生活習慣や姿勢などを意識することができますし、偏りのない運動を心がけることにもつながりますので、是非みなさま動画や写真なんかで自分を撮影して確認をしてみてください!

遂に到来!肉も魚も食べるダイエット/ライザップ